髪を気にする男性

AGAの20代の髪の毛の特徴

鏡を見て、自信を持っている男性

AGAの大きな特徴として、若い年齢から薄毛が進行し、最終的には頭頂部や円頭部の広範囲にハゲができるという特徴を挙げることができます。
年齢に関しては、20代前半、あるいは後半あたりから進行していくことが多いです。
20代の発症したばかりの髪の毛の特徴としては、まだ髪の毛は生えてはいますが、髪の毛の厚さは他の髪の毛と比べると細いという特徴があります。
最初は数本ですが、細い髪の毛の本数が増えてきます。
また、細い髪の毛の中には産毛の状態ですぐに抜け落ちてしまう髪の毛もありますから、かなり薄毛が目立ってきます。
ただし、他の太い毛もまだ残っていますから、髪型を工夫することで薄毛を目立たないようにすることはできます。
AGAを目立たないようにするスタイルとしては、頭頂部の毛を多めにして、サイドの毛は短めにバリカンで刈り上げるというスタイルにすれば、薄毛が目立たなくなります。
また、薄毛隠しのための粉を頭部の薄い部分に振りかけることによって、薄毛をカバーすることができます。
このようにAGAが進行してしまったとしても、初期の状態であれば上手にカバーすることができます。
特に20代の頃はまだまだ若い時期ですから、薄毛が気になる時期でもありますから、色々と工夫してみるとよいでしょう。
もし、AGAを根本から改善したいのであれば、AGA治療を専門の医療機関に行って治療をするという方法があります。
特にAGA治療を症状が進行する前に受けることによって、よりその後の状態を浴することができます。
まだ20代であれば、AGAの症状も初期段階のことが多いですから、治療を受けることによって、薄毛を改善、あるいは薄毛の進行の予防につながりやすくなります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ