髪を気にする男性
  • ホーム
  • 遺伝性のAGAなら育毛効果のある薬を服用

遺伝性のAGAなら育毛効果のある薬を服用

髪が薄い男性

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、多くの男性の薄毛の症状はこのAGAであると考えられています。
特にAGAは遺伝性があるともいわれていますから、自分の父親、あるいは祖父、叔父などに薄毛の人が多い家系であれば、自分もAGAになる可能性が高くなります。
最近では、遺伝子検査をすることによって、自分が将来的に薄毛になる可能性があるかどうかも調べることができますので、気になる人は一度調べてみるとよいでしょう。
遺伝子検査の具体的なやり方としては、口の中の粘膜を採取して、検査機関に郵送するだけで、簡単に調べることができます。

もし、自分が遺伝性のAGAであるということが分かったら、治療をすることによって、薄毛の治療、あるいは予防をすることができます。
具体的にどのような治療を行うのかというと、育毛効果のある薬を服用するということになります。

育毛効果のある薬の内容としては、髪の毛の成長をストップさせている酵素の働きを抑制させて、再び髪の毛の成長を促すという内容になっています。
ですから、薬を服用することによって、今まで成長が妨げられていた髪の毛が再び成長するということになり、薄毛が改善するということになります。
代表的な薬をあげると、まずプロペシアが1番に来るでしょう。
AGA治療において1番服用使われていると言われてる薬がこのプロペシアです。
人気のAGA治療薬プロペシアを今すぐ購入してみましょう。

ただし、すべての人が薬を服用をすることによって、薄毛が完全に改善されるというわけではありません。
人によっては、薄毛の進行は止めることができても、新たに髪の毛が生えてくることはないという人もいますし、髪の毛が一本一本が太くなって、だいぶ薄毛が改善したという人もいます。
このように個人差はありますが、薬を服用すれば、多くの確率で誰でも一定の効果を感じることができるので、もし、自分がAGAであるということがわかれば、薬の治療を考えてみてもよいかもしれません。