髪を気にする男性
薬を飲んでいる男性

飲むプロペシアという育毛剤があって、発毛に有効と唯一認められているミノキシジルを用いれば、AGA治療のスタートにはなりますが、そこまで単純ではないのもこの治療の特徴です。
男性ホルモンの産生を抑え、そして眠っている毛乳頭を目覚ませて毛母細胞を活性化させることはもはやスタンダードになっていますが、それに加えて行ってほしいことのひとつが頭皮環境を整える作業です。
AGA対策はこれらのスタンダードな方法を用いると同時に、シャンプー選びからスタートするのが基本です。

どんなシャンプーを選べばいいのかというと、基本はアミノ酸系シャンプーです。
しかしアミノ酸といってもたくさんあり、洗浄力が強いことで嫌われている界面活性剤も入っているアミノ酸系シャンプーも多いですので、選ぶのが難しいです。
そんな方はスカルプ系のシャンプーを選べようにしましょう。
頭皮環境を整える成分が含まれており、頭皮から脱毛原因となる男性ホルモンを阻害する成分が入っているシャンプーも増えています。
また、真菌を殺菌するケトコナゾールという成分が含まれたニゾラールシャンプーなども効果的です。

AGAの症状がある男性は、頭皮の皮脂が多い調査結果が出ています。
男性ホルモンが皮脂を多く分泌させることがわかっていますので、皮脂に対する対策も求められます。
皮脂が多く十分に取り除かれていないと毛穴を塞ぐことになり、有効な発毛剤の効果を引き出すことが難しくなるでしょう。
また皮脂が多いことで脂漏性皮膚炎になるAGAの方も多いです。
皮脂を取り除けばよいわけではなく、適度な洗浄力をもって皮脂を抑えることが大切です。
また脂漏性皮膚炎の原因である真菌を殺菌する成分は、男性ホルモンの産生を抑える効果もありますので、そのようなシャンプーを選ぶのも効果的な対策になります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ